退院♪

病院から土曜夜電話。
いつも携帯電話の着信出るのモタモタして
自然に留守電になってしまい、こっちから折り返し電話するパターンが多いのですが、
病院からの電話は画面が光った瞬間に出れます。

炎症反応も治まって無いんだけど、ひじきちゃんが精神的に参ってしまってるようなので
明日お迎えに来ていただければと思います。
との事です。
切除した腸の病理検査の結果、隠れポリープなどではなく、腸が炎症してしまってたとの事です。
何かのタイミングでアレルギーのスイッチが入って、腸が腫れてしまったのかもしれません。
との事です。

腸?炎症??アレルギー???

この3つの言葉で検索してみたら
炎症性腸疾患って病状がヒットしました。
終わりのない病気です。
しかも、原因不明です。

この病気だったら嫌だなーって思いつつもたぶん、それだろう。
って自分の中で確定。
今までの症状を思い浮かべて・・・九分九厘炎症性腸疾患だろう。
と、腹をくくりました。

日曜朝。
ひじきが嫌がる掃除機掛け、ゴミ出し、食器洗いなどの家事を済ませてから病院へ。

待合室にいたら看護師さんが
「ひじきちゃんへそ曲げちゃってごはんたべてくれないんですよー」
ってひじきを連れてきてくれました。
私たちだったらご飯食べるだろうって思ってだと思います。
病院が休診日の木曜もご飯食べさせに行ったりしてました。

他のワンちゃんの「ご飯だ!いいなぁ~。」ってキラキラした目線を感じながらひじきちゃんご飯食べてくれました。

3日ぶりに見るひじきは一気に老けてしまいました。
白髪増えてあばらが浮き出るくらいガリガリに。
体をブルブルとさせた後は後ろ足が浮いちゃってこけそうになるくらい力なく・・・
抱っこした時も今までは存在感ある重みでしたが今は軽い。
自慢の二重顎も消えてしまいました。

木曜だけじゃなく、毎日ご飯食べさせに行くべきだったかな?
聞けば、ご飯食べないから点滴打ったとの事で。
電話してくれれば行ったのに!
そう伝えてたのに!!!

日曜の午前中ですので病院はまずまず混んでました。
ひじきがゆっくりご飯を食べ終えた時に名前呼ばれましたよ。

病理検査の結果・・・は余りにも曖昧なものでした。

おそらく炎症性腸疾患なんだろうけど、それは早期判断に過ぎない感じでした。
取り敢えず、ガンではないと。
細菌性などの疾患でもないと。
ではなんだ?
残るは食物アレルギーなのか?それとも遺伝性による免疫力の何かかな?
って感じです。
これは手探りで原因を探るしかないので、取り敢えずは食事から。
って事で低アレルゲンのロイヤルカナンのフードを渡されました。
ひじきちゃん、これ今日で二日目なんだけど、吐き気も下痢もないから!
って事で。
ひじきはドットわんの子かと思ってたけどもしかしたら卒業なのかしら?
ポイント溜めちゃってるよね・・・なんて白目向きながらさり気なく思ってました。

処方されたロイヤルカナンのフードはアレルゲンをミクロなくらいに分離しており
アレルギー体質の子には打ってつけらしいですが・・・ひじきのお口には合わないようで。

もし、このフードで治まるようであればアレルギー反応だったと。
もし、このフードでも吐き気や下痢などがあるようであれば炎症性腸疾患でしょう。
とのことです。
まずはこのフードで二週間様子見。
の前に、抜糸があるから一週間後通院で話まとまりました。

お会計は16万円。
前回のバリウム検査もあるからトータルで19万4千円かかってます。
これからもまだまだお金掛かるんだろうなぁ。

ひじきの為に貯めてた貯金も底をつきました。
10歳までに50万貯める予定で、今年から目標に向かってガンガン貯金する予定でした。
こんなに早くひじき貯金を使うだなんてね。
今回は仕方がないさ~。
これからもずっと何とかなるさ~。
なんくるないさ~。

これから始まる看護生活に不安とひじきの退院で喜びが混じって複雑な心境で帰宅。
病院から家まで5分も掛からない距離だけど、とても長く感じました。


とても長くなってしまいました。
タモリだったら「一旦CMです」って言うくらい長くなってしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひじき
   ひじき
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ランキングに参加してます
ダメ主婦
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
フリーエリア
いつでも里親募集中
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム